スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お食事の大切さ



この夢を見た時は、食べたい物を好きなだけ

        気にしないで 食べていた為か

         体の調子が良くなく、気にしていました。

   子供と一諸の食事ですので つい 食べていたのでした。

   夢の中で、案内された村は 昭和30年代より前の様で

  藁葺き屋根 皆さん 着物にモンペ姿なのです。

その村の村長さんが

   私の元に来られ「よく来られました。」

         言われ、とても喜んで下さりました。

        ある藁葺き屋根の家に案内され

村長さんに「ゆっくりしていってください。」

     家の中に居られた方は、その家の若奥さんの様でした。

        煮物を作って、待っていたみたいで

お皿に載せ、「どうぞお召し上がり下さい。」

  ご馳走うになりました。

        竹輪の形をしていますが、手作り為か 

   すいとんの様ですが でも少し固い感じ

    ダシの取り方が現代社会と違い さっぱりして

      おそらく 昆布・煮干・酒・醤油だと思いますが

  

           とても美味しいかった。

食事が終え、又村長さんが来られ「又おいで下さい。」



と言われ、夢が覚めました。

とても良い夢で、消化不良にはああいう食事をしないと

いけないなと思いました。

    あの時代の生活が、1番良い暮らし

         方なんだろうなと思いました。

    自然を中心に、必要な科学は残し そういう時代が

                いつか来て欲しいと心から思いました。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

白龍呼☆泉

Author:白龍呼☆泉
ようこそおいでくださいました。
鑑定師の白龍呼泉です。 
こちらのプログは、主に今までに数々のミニ不思議な体験をお伝えして行きたいと思っています。
世の中にはこんな事があるんだと知って頂いて、大自然に心を合わせて行く事が仕合せ(幸せ)の近道だと理解して下され幸いす。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。