スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週のスケジュールと大蛇(自然霊)が住んでいる家

  

 ●2/28(月)

  15:00~16:00(未定な為御連絡下さい。) 

 ●3/1(火)
  
  19:00~21:00

 ●3/2(水)

  10:00~15:00

  19:00~21:00 

 ●3/3(木)

  15:00~16:00(未定な為御連絡下さい。) 
  
 ●3/4(金)

  15:00~16:00(未定な為御連絡下さい。) 
 
 ●3/5(土)

  10:00~17:00(未定な為御連絡下さい。)

 ●3/6(日)

  10:00~21:00(未定な為御連絡下さい。)



★電話・対面・メール鑑定を
   ご希望されたい方は 

           必ずお読み下さい。★

 クリック 鑑定をお申し込みのお客様へ





     今回の鑑定例は... 

            ちょと気持ちの悪いお話しになります。

  家に大きな大蛇の自然霊が住み着き

       家の中で大きな音や体調(不良に

              悩まされた方のご相談になります。

 

      勿論家は旧家で薄暗く

         ジメジメした湿り気のある茸でも

                 生えそうな感じがしたほどです。

そこの家に嫁がれて5年近く経った頃から

           徐々に家族に体の変調がきだしたのか

その前からあったのを 

                  余り気にしない

             家族で見過ごされていたのでしょうか...

     体の骨がきしむ痛みが現れ

              痛みや変形が起こり出していました。

大自然から光のお便りの掲載予定の

    クリック 不思議なマッサージ...続編(3)

              に霊の溜まり場になってしまった

お宅ののお話しを載せさせて頂く予定ですが

     こちらのご相談者とまったく同じ状態でした。

 

     身体に襲う圧迫感や体調不良

    ご本人も理由が解らない

 将来の不安感が襲います。

  自然霊や不浄の者達の波動は

           弱い人間に容赦なく要求して

      磁場が狂っている

                 土地に住まわれますと

  身体に影響が来ると言われていて

         送電線の下の土地はお安く

    売り買いされていますが

           同じ状態になってしまいます。

 

       相談者のお宅は送電線の下に

                 住まわれてはいませんが

自然霊から送られる

       強い要求の波動は

              人間の身体にとても悪く

余り強い場合は... 

              磁場が狂う事があります。

      ご相談者のお宅は

           普通なら幽霊屋敷と言われても

                  おかしくない程の状態です。

      夜になると突然前触れも無く

            暗い廊下から"ドスン"と音がしたり

 奥座敷の畳部屋で畳を擦って歩く音など

        夜中に黒い足袋が見えた

              事があると言われていました。

  

        お話しを伺っている最中より

     黒い鱗の大蛇が・・・・

           ちょと電話占いでご相談される

内容でないと感じましたので

 インターネットで同じ町の     

        陰陽師系の神社をお探しして

          住所・電話番号をお知らせしました。

  『専門家の指示を仰いで下さい。』

 とお話しして

    その時の鑑定は終了致しました。 

             ところが・・・ 

   数日後にそのお客様から

        鑑定のご依頼があり

            その神社に行かれましたが

   西洋で言われる"悪魔祓い"

           東洋ですと"鬼門封じ"

   とかで言われていますが

         昭和の初期にその神事をされる

  宮司がお亡くなりになられて

     後を継ぐ方がいらしゃらないとの事でした。

 日本の神社は  

        明治維新の時に行われました

   神仏分離を境に本来の

         陰陽師様なお力をお持ちの方が

      表に出る事がなくなり

            本来在中されるべき

                神社から姿が無くなりました。

         その後のお話しは...

     "大蛇(自然霊)が住んでいる家...続編"

                 にてご案内させて頂きます。

         私には荷の重い相談内容となりました。  






**明治時代の神仏分離**

  神仏分離令仏教排斥
      意図したものではありませんでしたが
         これをきっかけに全国各地で
   廃仏毀釈運動がおこり
         各地の寺院や仏具
                破壊が行なわれました。
  地方の神官国学者が扇動し
            檀家制度のもとで寺院に
      搾取されていたと感じる民衆が
                 これに加わわりました。

政府は神道国教化の下準備として
       神仏分離政策を行なったが
  明治5年3月14日(1872年4月21日)の
      神祇省廃止教部省設置で頓挫し
           神仏共同布教体制となりました。

**熊野那智大社**

   明治の神仏分離令により
        仏堂が廃されましたが
           那智では観音堂が残されました。
  やがて青岸渡寺として復興され
         青岸渡寺は西国一番札所だそうです。






      2010年2月13・14日に

          那智の大滝に参拝した時の事を

    大自然から光のお便りに

          掲載しておりますので

            お時間のある時にお読み下さい。

     
クリック 那智の大滝(1)~(2)

   

  



スポンサーサイト

テーマ : 心と身体のケアを大切に!
ジャンル : 心と身体

コメント

Secret

プロフィール

白龍呼☆泉

Author:白龍呼☆泉
ようこそおいでくださいました。
鑑定師の白龍呼泉です。 
こちらのプログは、主に今までに数々のミニ不思議な体験をお伝えして行きたいと思っています。
世の中にはこんな事があるんだと知って頂いて、大自然に心を合わせて行く事が仕合せ(幸せ)の近道だと理解して下され幸いす。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。