スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年世界フィギュアスケート選手権・・・part2



   今回の世界フィギュアスケート女子選手権は

                 安藤美姫さんの優勝で幕を閉じました。

 安藤美姫さんは今シズーン安定した演技で

                          着実に毎試合事
  点数を上げてきました。

  今回の元世界女王の返り咲きは

               他の選手達にも大きな収穫と共に

    本当のフィギュアスケートは

             芸術のスポーツだと発進したと感じます。

  上記お写真からも伺えますが

         コストナー選手も大変苦しんだ選手のお1人で

                安藤選手を見ながら

     安藤さんの金メダルを心から祝福して

               ご自分の銅メダルを喜んでいると事を感じます。

    ジュニア時代か戦った中ですので当然の事なのでしょう。



安藤選手が此処まで来るのに並大抵の努力でないし

         コストナー選手も此処まで来られるのに

             並大抵な努力でなかったと感じられてなりません。

5種類のジャンプが飛べるこの世代の

           選手達の実力は本来高いはずなのですが

    昨年度のオリンピックの為にルールが変わり

            それまで強っかた選手が表彰台から遠のきました。

そんな中でも安藤選手は  

               2009年世界選手権で銅メダルを頂きました。

ISUと日本フィギュアスケート連盟のお考えは

      浅田真央さんとキムヨナさんの一騎討ち

   試合開始の点数は0点からの始まり

       1つ1つのエレメンツ・流れの中で

             演技構成点・技術点が出てくると思いますが

      ある特定の方だけが

          前年度の最高点数から

             1つジャンプがスッポ抜けたら

   その点数だけ削られたりする点数計算ですので

               誰が観てもだと解ります。アハ♪

 

   1つのエレメンツが抜ければ見栄え♪曲の流れが止まり

      全体の演技構成点が低くなり

           安藤さんの場合...

                素晴らしい表現力と誰もが

   『ブラボー・ブラボー』 

                   と思っても余り表現力の点数が伸びず

   元々点数を抑えられている為か

          今回の3回転のミスがあっても

       余り変わらなかったと感じました。(苦笑)



    安藤美姫さんは此処数年

       そんな状態に背を向けずに

            自分が今何をするべきなのか

 親子ほど離れている方ですが

          逃げずに本当に頑張ったと

       年齢差を感じない魅力的な女性だと思っています。

ソチオリンピック向けて 

      9割の選手は約束をされていませんので

          他の選手と条件は一諸ですが

             今後も天才ゆえの試練があるかと思います。

     同じ誕生日の彼女を心から

              応援していきたいと思っています。
  公式試合で

  世界選手権ともなれば緊張して

      SPの冒頭のジャンプでミスは

            緊張が全身から溢れ出てきて

      緊張感をどの様に対処して良いか解らないのは当然です。

ジーズンの公式試合は出て居ないと試合馴れが出来ず

     緊張した心体を何処に心の焦点を

             合わして良い解らなくなるのが普通です。

  約束されていない選手が9割を占めている為...

 

  公式試合はある面その約束を身体で確認する為の

          過労が重なる身体にムチを打ち

"出場して此処まですれば点数が出る"

   今シーズン評価を少しずつ上がって行き

      普通の選手ができる唯一の審判員との無言の約束です。



  初戦からISUとの約束事が交わされていない選手に

       とって大変な精神力が必要とされくると感じました。

 その中で1番気になったのはキムヨナさんで

       GFをご家族が経営しているご商売が

   お忙しく出場でなかったのか

      世界フィギュアスケートのみのエントリーでした。

 カナダの 

   ご意見番オーサコーチという後ろ盾を

          自ら外されたキムヨナ側の作戦は

       キムヨナさんに自信を持たせるコーチが居なくなりました。 

新しいコーチから素晴らしいし言われ様が

       オーサーコーチ程の力強いパワーが無い中

   とても怖い世界フィギュアスケート選手権だったろうと感じます。

      私は今回のフィギュアスケートで

                      連想されるピジョンは

    過去の良っかた頃のキムヨナさんを

                  思い出させるフィギュアスケートで

韓国の民族特有の  女性像が

             男性にとても大人しく

      優しく・寄り添い着いて行く

               日本の過去の女性像とちょと

似ていてちょと違い  

               とても良く表現されていたと感じました。

今回はその頃に近い出来上がりでしたが

             残念な事に練習不足と

    試合に馴れていない為か

            あそこまで"ゾク"としませんでした。 

  あげひばりの頃は心の底から突き上げてくる 

  

      キムヨナさんの表現力にへ目を見張るものがあり

   あの若さであそこまで表現しきる韓国女性は

        本当に素晴らしいかっただけにとても残念でなりません。

    キムヨナさんはやっぱり上手だと

           今回のフィギュアスケートを拝見して感じました。

        でもSPの点がミスミスなので

    見栄えと技術を含めFPと合わせて

 3位も

     きついかなと言うのが私的

            (素人の呟きの為誤解なく)な印象でした。

応援されていた韓国人は"ハラハラ"だったのでは...

浅田真央さんを応援している時いつもそうでしたので...

     普通自分の国の選手を応援しますが

              他の国選手がずば抜けていて 

         それを拝見して・・・凄い

  応援していた自分の国の選手より

        レベルが高いと感じて初めて完敗と感じるものです。 

             表彰式の時に... 

                   泣かれた時に感じたものは
    さすがに 約束事があっても 

           シーズンを戦っていない自分の演技の

  点数に対して怖かったのだと 

        表彰台に銀メダルを何とか頂けて 

フィギュアスケート選手としての喜びによるものでなく

    今自分に置かれた大きなお仕事を無事終えた事の

         プレシャーからの解放された安堵感だと感じました。



 ISUのお約束事が成立するには

   ある程度のフィギュアスケートをしなければ成り立ちませんし

       去年の世界選手権の時の様な負け方や

銀メダルの様な取り方をする訳にいかないというプレシャー

     オリンピックの疲労は... 

           浅田真央さんからも感じられますが 

        若いお2人に大変なプレシャーだったと感じました。

特にキムヨナさんよりお約束事が

     薄い浅田真央さんの緊張感は

        今シーズンの身体の状態を観ると

  解りますが凄いものだったと感じてしまいます。
  

            他の選手達は... 

         1回転んだら 1つの台が下がり 



       オリンピックの時に安藤選手や浅田さん達の場合は

日本人お2人は表彰台に上がれない恐怖の緊張感の中での

      暗黙の了解の中でのオリンピックシーズンだったと 

    お2人に襲う緊張感は凄いものだと感じました。



       それに逸早く気が付き対策され

 完成度を高めて行かれた

     安藤さんは代名詞の大技を諦め

            彼女はある面プライドを捨て

      勝負された心は 

         1皮も2皮・3皮とオーラの汚れを

まるで光のシャワーを浴びているみたいに 

           お身体を覆うオーラが綺麗になりました。 

              悔しさ自信喪失悲しさ落胆を

  多くの方々の応援・励ましを自分のパワーに変えて

     喜んで頂けるお客様に感動と喜びを

            与えられるスケーターに成長されと感じました。



  2011年世界フィギュアスケート選手権・・・part3へ続きます。

     クリック→ 『おおひばり』合唱

         懐かしい歌で、小学校の頃合唱しました

                     宜しければお聴き下さい。
 
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

プロフィール

白龍呼☆泉

Author:白龍呼☆泉
ようこそおいでくださいました。
鑑定師の白龍呼泉です。 
こちらのプログは、主に今までに数々のミニ不思議な体験をお伝えして行きたいと思っています。
世の中にはこんな事があるんだと知って頂いて、大自然に心を合わせて行く事が仕合せ(幸せ)の近道だと理解して下され幸いす。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。