スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インナーチャイルド

  

インナーチャイルドの話しをさせて頂こうと思います。

過去生からとか、今生での忘れてしまった 心の傷から

出来上がった 気持ちがあるエネルギーの様なものです。

自分の体験ですが、幼少期に母親との悲しい思い出ですが

日頃は 忘れていますが、その時受けた傷が、心の奥の中

に記憶されていて 満たされなかった記憶が

1つの人格の様に出たり沈んだり、きっかけで 顔を出し来ます。

  幼い人格と今の人格のギャップで

ご本人も、ご自分の人格と思いますので 勿論 戸惑います。

性格の1部なのですが、解決していない 心の問題に蓋をして

幼い人格が自力で蓋を開けたと説明した方が

解りやすいかと感じます。

ハートのチャクラの事を聞かれた事があるかと思いますが

    胸が痛む 正にそれを指します。

傷が深いと、ハートのチャクラに傷が残り

     白っぽい斜めに稲妻みたいなものが現れたり

               蜘蛛の巣みたいに観えたりしました。

過去生からの傷の場合は蜘蛛の巣の様になり

      パ二ックなどの症状がでます。

  訳も無く、息苦しくなり 居場所がなくなり 

            追い詰められた感覚になります。

自分の場合ですと、突然母親がいなくなり 途方に暮れた

記憶が、何年か前に思い出しました。

母親の背中が見えて、泣き叫んでいる場面が広がり 家から歩くと

2~3歳の足だと 1時間は掛かるかと思いますが

1人切りになってしまいました。

その記憶に対して 母親に確認は取っていませんが

怖くって聞けませんでした。

 そこの道は三叉路で

      昭和の40年の前後ですので

 道は舗装されていなく お地蔵さんが、ありました。

泣き叫んでいる自分に、誰かが声を掛けて下さり 

家まで、送って頂いたんですか

     その方が 笠地蔵様な人に小さい方で

        田植えの雨の時に使用する 頭の傘をかぶり

             着物を着て 不思議な人だったと思います。

  

 送って下さった事を、微かに記憶しています。

あの時代に、着物を着て 農家をされている方はいません?

突然 あるきっかけで思い出し、気が付いてみると 

そのお地蔵さんは、今でも健在で お地蔵さんのお隣に

住んでいる お年寄り夫婦が、お世話をしていて 

お花や食べ物が、お供えされています。

私も 近くに 家を建て 今現在住んでいます。

幼少期の記憶の忘れ物が、ある事は かなり前から

気付いて、それを求め あっちこっち求め歩きました。

          過去に触れる ドラマなどを観ると 泣き

             子供向けの漫画でも、感じて泣きました。
 
  "私を1人にしないで、誰か側にいて 助けて" 

      涙が、ポロポロ ワーと 誰も居ない家で泣きます。

泣いて さっぱりする事は度々、そんなある日の事です。           

     土曜日の遅く起きた朝の出来事におこりました。

人の気配を感じを、でも嫌なものは感じない為 目を瞑り 集中し

その気配が何か観させて頂こうと思い 

     第3の目に意識を集めました。

      何と・・・5~6歳の小さい女の子が

          花柄のワンピースを着て 髪型が

        耳より ちょと上でおさげにして、鼻の周りに 

ソバカスがあり ニコニコの女の子が誰だか直ぐに解りました。

 "お帰りなさい" 少しの間 

         その状態が続き すがた気配が消えました。

    女の子は、幼少の時の自分だと解りました 

       怯えて 泣き叫んでいませんので、こちらも

               受け入れ やすかったという事です。

  幼少の時の自分が、そのまま怯えて 泣き叫んで 

            戻られたら こっちも大変です

子供の強い思いがエネルギーとして、自分とぶつかるんですから

訳も無く、悲しくなったり 悔しくなったり 残虐になったり 確かに

    霊媒体質で起きうる事も多々ありますが

       インナーチャイルドによって、起きている方もおります。

 ここまで辿り着くのに、お恥ずかしいお話しですが 

     かなり年齢が、来てしまいました。



お母さんが恋しくって、ずーと悩んでいた事は事実で 自分の事を

愛してくれてくれていたのかというお粗末な悩みでした。

     自分以外のものに対して

            気持ちが向いている母が嫌だったんです。

        自分を中心に考えて欲しい

           短い期間だけでも 観てい欲しかったんです。

それが原因で寂しく泣いていただけだったと 今は思えます。

その答えが出るまで、幼少の時に爆発した 自分の欲求による

 エネルギーが分離し、それが戻ろうとした時に そのまま状態で

        戻ろうとしますから、悲しくなって泣いていた訳です。

浄化された状態で戻れば、何も嫌なエネルギー体でありませんし

本来の自分に戻りますので、エネルギーが満ち溢れます。

浄化されていない状態ですと、嫌なエネルギーとして感じますので

       自分にとって邪魔な存在かと思われても

  これはどうする事も出来ません。   

      自分の1部ですので、要因を消していく以外ありません。 

悩み苦しむ事も大切な事ですが、前向きにもの事を捉えて頂いて

  今 与えられた生活そのものが、修行場でありますので

 守護霊と共に 最善策を日々送る事が、解決の早道にまります。 


このお話しは、小学1年生頃 アリが大好きで 家にたくさんのアリの巣がありました。アリに白砂糖を、パラパラ掛けてあげましたが 少ししか運んでくれません・・・ になり、雪が積もった様にてんこ盛り、巣の中まで入ってしまい 今思うと、アリの気持ちも考えずにひどい事をしました。本音は、母親に教えてもらいたかったんです。砂糖ももったないし アリが可哀想ですよね。その寂しさが、大人になって ムキになって喜んでいないのに、、相手に押し付けてしまう事が度々ありました。この年齢になって 少し温和になりましたが、これは記憶にありましたので 反省し改める方向に進めました。早く対策出来たみたいです。



注意:自分の体験を書いたものですので、 全員に当てはまるものではありません。
スポンサーサイト

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス
ジャンル : 心と身体

コメント

Secret

プロフィール

白龍呼☆泉

Author:白龍呼☆泉
ようこそおいでくださいました。
鑑定師の白龍呼泉です。 
こちらのプログは、主に今までに数々のミニ不思議な体験をお伝えして行きたいと思っています。
世の中にはこんな事があるんだと知って頂いて、大自然に心を合わせて行く事が仕合せ(幸せ)の近道だと理解して下され幸いす。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。