スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子孫の恋愛に関わる先祖 (3)

 

その後も何かと私を呼びつけ、実家に行きました。

親子の関係はもはや遠い過去の思い出になっていました。

私が何故、実家に対して親離れ出来なかった理由ですが

   学生時代の経験した、自分に与えられた

       使命の様な感じに受け止めいたからです。

高校2年の秋を過ぎた頃からだったとおもいます。

 クラスで1番仲の良い理解者に対して

 自分以外の友人と仲良くしている事に対して

          以上なまでの嫉妬からの始まりです。

相手のお気持ちを無視して自分から遠のき

   友人を大変苦しめました。

1番の親友である大切な友達を傷つけ

    "何故自分は離れなければいけないの"

       そんな思いになりながら、別の心が自分を抑え

自分が幸せになる事を許していけないと感じるからです。

自分が楽しくしていたり、幸せだと必ず 

     心の声がしてきて、ブレーキを掛けるのです。

       自分で種を蒔いて、喧嘩をして 

   とても優しい友人で 

         何故、自分から離れたのか聞かれましたが

理由など特にありません、抑える事が出来なかっただけの事です。

    彼女を失ったら学校生活はつまらない 

           灰色になるのは解っていました。

  それから間もなく、登校拒否になり 

              ベットから出られなくなりました。

    生まれて初めてみました、両親は大慌て

2段ベットの2階に寝ていましたが

      ずーと起きる事が出来ません。

  住んでいる この土地でまさに起きた歴史

          悲惨な出来事を映画の様に見ていたからです。

 

黒いお屋敷の周りに、池ぼりがあります 夜桜でとても鮮やか

そこに男が、お城から そこの娘を連れて 夜逃げのピジョン

 でも・・・お2人は、お侍に捕まってしまい

   女性はこの家の娘らしく なにもされませんが

          一諸に逃げた男性は首をはねられました。

これを見た日を境に、生き残った女性の生涯が閉じるまで

  ピジョンで断面的に見る事になります。

"年貢米を何とかしてくだせえ、生きていけねだ 家族が飢えるだ"

   突然その場面が見え 声も聴こえます。

       そこの家の娘らしい女性が出て来て

    "お父上 お米をの取立てを減らしてあげて下さい"

たくさんの声が聴こえますが、お父上(お代官様)は "しらんぷり"

 お城の上空には

      白い大蛇がクルクル回り 心配そうに観ています。

その後のピジョンは、百姓一揆に移り、その女性が一生懸命に

部落に住んでいる、百姓達を止めに入ります。

          "観音様じゃ"  日頃神様・仏様と言っていた人達でさえ

家族が飢えで死んでいくのを見ると

     "お取り差し押さえ" "お取り差し押さえ"

          叫ぶ農民達の前に立ちはだかりますと

  その中の農民が、竹ヤリで、左の胸を刺してしまいました。

 死に際の気持ちは

"百姓一揆をしたら見せしめに殺される 行っては駄目"

   強い思いを感じたとたん、胸がキュウと痛く苦しくなりました。

      こんな状態が続き、学校どころではなくなり

あっちこっち両親が、祈祷師を歩き回りました。

   父は、近くにあるお寺は、百姓一揆を防ぐ為に

建てられた墓だという 言い伝えがあると度々聞かせてくれました。

そのかいあってか、転校をして無事卒業をしましたが

    根本的な黒い物が家の中から

         浄化さたわけでないと自分で解っていました。

断面的なピジョンを観ていましたので

 当時は、両親にその度 伝えておりました。

   話しが20年近く前にタイムスリップしましたが

その時の時代に戻った様な 

    両親の私達夫婦に対しての扱いで

         お代官様に貢物を差し上げている 

  時代劇を見た方いらっしゃるかと思いますが

主人に対して 正にその扱いです。

   接っしている両親が情けなくて、姉2人は母親の

       決めた方に嫁ぎましたので

             その様な扱いは受けておりません。



歴史は繰り返されます、家全体が生き物の様に
    
長い間、気付かず過ごして 大きな壁にぶつかった時に

    心から 悔い改める 心・態度がないと

              必ず子孫の人生に影響してきます。

先祖からきていますので、考え方・行動・思考にとても酔いしれて

いるのが特徴で、現に私も 友人から離れた時も

正義感に満ち溢れていて、クラスの皆さんから私の行動に対して
   
  取り返しのない事をして親友と縁切り

   不思議に思われていたと思います。

   学校を転校し共に卒業してから、バッタリ 逢いました。

連絡したかったけど、あのん喧嘩別れしたから

                連絡出来なっかったと・・・

     私も、親友から酷い事を言われたら

            声を掛けたくとも 掛けられません。

  時代劇の様なピジョンは、結婚してから次々と

         断面的に現れ、パズルが完成すると 

             およその歴史の流れが理解出来ました。

           霊媒体質の方なら、良くある事ですが

   濁流みたいな物が体の中の入り 思いを伝えていき

先祖霊達又それに関わり悲惨な死を遂げてしまった

            者達の強いエネルギーによって

     その場所の磁場が狂いますので、そこに住んだ者達は 

何かの心の待ち方とか、前触れもなく 波長(心が合う)と

   磁場の歪みに触れ、そこが開いてしまい

       その時に起きた事が同じ様な 

            配役まで決まり演じてしまいます。

霊媒体質とか関係なく、その磁場にいる方は歴史上の配役を

繰り返し、 大小様々ですが、霊感の無い方居ませんので

    その方達の無念さが波動となり 

         無意識に操り人形の様になっていきます。



子孫の恋愛に関わる先祖(4)~に続きます。

結婚してからも、恋愛の心を忘れずに過ごしたいといつも感じています。NHK坂本龍馬の番組3/7のを観て、号泣しました。時代に翻弄されす あんなにお互いの心が固く綺麗に結ばれているのに、周りのの方々も どうする事も出来ない 明治維新になるまでの 日本国民が皆で国を動かして行くのに 込み上げてくるものが1つにまとまり強い思いで大きな壁を突き破り動かしました。 まったく違う思想の者達がまとまる迄に、多くの血の汗を流され 1つの可能性に向かい その原動力が目を見張るものがあります。
スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアルライフ
ジャンル : 心と身体

コメント

Secret

プロフィール

白龍呼☆泉

Author:白龍呼☆泉
ようこそおいでくださいました。
鑑定師の白龍呼泉です。 
こちらのプログは、主に今までに数々のミニ不思議な体験をお伝えして行きたいと思っています。
世の中にはこんな事があるんだと知って頂いて、大自然に心を合わせて行く事が仕合せ(幸せ)の近道だと理解して下され幸いす。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。