スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第三の目を開くタイミングの解説♬

タイトルの解説に入らせて頂きます。

第三の目とは、お凸の奥15CMぐらいの位置に松果体とい大脳の中に、レーダーが誰でもあるそうです。

その中に存在する。脳砂・・・これがとっても摩訶不思議な光を放つ、素晴らしい祭壇であり、神鏡の役目をしてくれて、邪気に侵入されそうな時には、レーザービームの様に、身を守ることさえもあるそうです。

鑑定をしていると、お客様のご質問で、第三の目の開きぐわい、鑑定の流れの中にたまにあるんですね。

鑑定開始、初対面の方が、私の第三の目の開きぐわいと聞かれても、病院に行き、必ず症状をお話しする様に、同じ様にして頂かないと、電話で、顔を見れず、お悩みのも伺っ居ないと、いくらお客様でも、大変霊的に疲れてしまうことがあります。

でも、そう言うお客様は、色々な占いにご相談をされ、沢山の出金をされた後なのでしょうね、出来るだけこちらも、早く鑑定をして差し上げたいのですが、生物なのでm(_ _)m申し訳ない限りです。

鑑定をする前、集中して、その方が感じている、氣の流れを観る為に、そのお時間が、カウセリングになるんです。

ご相談者が、お悩みに対してどの様に捉えて、どの様に考え、対処しているのかです。

悩みには、2つ通りあるんです。

表面通りの悩みと、自分でではどうする事も出来ない、氣の中で、沢山の塊にぶつかり、それを対処するのは、じーと、その位置から身動き出来ないで、我慢することが、修行期間と定められている時と別れます。

どうする事も出来ない時は、痛みを緩和する方法を探すんです、手遅れになったら、辛いじゃないですか、人とは、人間なので、当然の様に探すんです。

余りにも、衝突して来るモノが、小さいモノでも、数が多い・大きければ、倒れてしまい、立って居ることが出来なくなるんです。

その様な時は、守護する者たちも、必死に、障害物を、払ったり、一時的に払って貰う術を探すんです。

その時に降りてくる☆彡メッセージ・インスピレーションは、研ぎ澄まされて居るので、感じ易いんですね。

私は、霊感が開いたきっかけは、過去を振り返り、これだと思います。

前置きの説明はこれぐらいにして、では、本格的な大白蛇の☆彡メッセージに内容に入ります。

実は、息子は、第三の目を、開いて頂いたんです。

陰陽師という名乗る方から、体調を崩して居た私、胸のヒーリンをして頂いた時の苦しくって痛くって、実家と繋がっている大者が憑いて居たんです。

転げ回る程、熱く(>_<)痛い体験はそうそう今後の人生でも遭遇しないでしょう。


このお話しは、御獄山に参拝した後に、去年10月から3月までに知り合った陰陽師さん、最初の方は、ヒーラーなのか、評論家なのか、霊感占い師なのか正直解らないですが、高額なお金が絡んだ体験になります。

2人目の陰陽師は、確かに、先祖代々からの陰陽師の関して、古い、平安時代からの教典をお持ちなっていました。

共に、体調不良・霊的な浄化・浄霊の為に伺った、相談者としての体験談になります。

主人は、1人目の自称陰陽師なのか霊感師・ヒーラーなのか解りませんが、背後を守っている用心棒を観ています。

2人目の陰陽師の背後に守護して居る陰陽師を観ていて、守護して陰陽師と本人が意気投合すれば、素晴らしいお仕事も出来る方です。

私は、肉眼では、殆ど全然に近い程観えません。

中島知子さんの件があるので、名前は勿論プライバシー保護の為、公表出来ませんが、スピリチャル範囲内の治療過程を全部公表させて頂きます。



お話しを元に戻しますね。

その痛みが引くまで、霊的な処置をして頂いた後、息子が、連鎖したのが、凄い頭痛に襲われました。

何をどの様にしても、痛みが収まらず、私はオロオロするだけしかありませんでした。

登頂のチャクラを開いて、宇宙のエネルギーを頂くしか、痛みを抑える方法が無いと感じたので、私から(>人<)お願いして、登頂のチャクラを開けて頂きました。

彼女は、私の強いお願いに応えくれて、その場で開眼したのです。

私も、全然観えない訳でなく、薄っすらと、色がありませんが、その光の縦ラインが観えました。

占いタウンで掲載した、光のパイプで、直経10cmぐらいかと思います。

頭痛が、みるみる内に収まりました。

霊的な痛みの場合は、薬は全然効かないんです。

宇宙からの強い光で、浄化・浄霊して頂くことで、痛みを取り除いて頂くしか無いんですね。

私が拝見させて頂いた感想です。

彼女の第三の目を開き方と、私がピジョンで、神鏡で拝見した、紫色の袴をお召になっている神主さんのやり方は、考え方・やり方(場所・時間)が違いました。

お爺ちゃんは、宿曜占星術を使い、良い日探して、必要に応じて、開眼すべき、守護神・守護霊から強く切望されて☆彡メッセージが降りている方のみされて居たと、開眼の時期に来ている方のみだと、ピジョンから、ハートのチャクラに、お爺ちゃんの心を感じました。


長くなってしまいましたので
     このお話しは
          続編にて纏めたいと思います。

  今日中に載せたいと思いますが
       お約束はできませんけど
        m(_ _)mでも出来る限り頑張ります。


スポンサーサイト
プロフィール

白龍呼☆泉

Author:白龍呼☆泉
ようこそおいでくださいました。
鑑定師の白龍呼泉です。 
こちらのプログは、主に今までに数々のミニ不思議な体験をお伝えして行きたいと思っています。
世の中にはこんな事があるんだと知って頂いて、大自然に心を合わせて行く事が仕合せ(幸せ)の近道だと理解して下され幸いす。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。