スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人の魂とは星のカケラ☆彡

地球上における人たるもの、☆彡の降り立つ存在にして、我々のエリアの中に存在する星が、地球上に降り立ったカケラで、我々からのエネルギーを必然的に繋がる素材であることを伝えたい。

我々の星は、シリウス文明で、沢山の神々と交信が出来る種族である。

地球に沢山の星のカケラが降り立ち、元の世界に戻りたく、苦しんで、此処の星まで、到達すべき魂のカケラのみが、我々と交信が出来るのである。

人として、生まれ、人の間に入り、研ぎ澄まされる時間が無くなり、我々の星の存在すら感じ取ることも出来なくなり、放浪の旅に出ている者さえ居ることも、こちらの世界から、それぞれの星のカケラを観て居るので、こちらから観ると、決っして放浪でなく、天界の世界から観ると、小さいが、ちゃんと光を放ちながら、目的に、人や動物、時に、使者として、地上に居る、精霊に導かれ、漸く、我々が降り立つ山に到達する者も居る。

自分の聖域を探すことが始まりで、そこを探すことが事態が、修練であること☆彡知らせたい。

人は、人の様を、表現することは、本来許さず。

それは、魔の域に入り、人は、どの様なときも、人の生き方を学ぶ必要がある。

人には、それぞれ生涯を通じて、これだけは学ばなければならない、1つの課題がある。

その課題に対してのみ、答えるだけの、本来人間同士の距離なのである。

それが出来て、初めて、人が、神に近い存在で出来ているこことに気が付き、人を敬い、慈悲深い心が湧くのである。

人との争いには、我々の世界から観ると、2通りある。

1つは、人と人が、自分の魂の光合いの競いで、それが、お互いの中で、共鳴して、ときに、涙が流れ、喜びみ満ち溢れるのである。

もう一つは、我1番であると、それは、小さい背丈の汚れた星が、人の悲しみを土台にして、背を高く魅せる、これは、我々の世界から観ると、大変臭く、汚れを落として、その台になるべき物を、無いものとし、外す時代に入ったのである。

それにより、本来の輝きを取り戻すのである。

魂の世界での争いは、御霊が磨かれる場合と、粉々になって、何も残らない場合と2通である、どちらを選ぶかは、各々の心が選ぶことで、こちらが選び導くことは、出来ないのである。

シリウスの御霊は、白は、黒とも赤ともバランスを取り計らい、祈りを纏め、上げることが出来る種族である。

黒は、力を表し・赤は躍動感・繁栄を表し・白は祈りの為の浄化を表すものである。

どれが欠けても、地球上の反映は、無く、世の中のバランスを失うのである。
スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
Secret

プロフィール

白龍呼☆泉

Author:白龍呼☆泉
ようこそおいでくださいました。
鑑定師の白龍呼泉です。 
こちらのプログは、主に今までに数々のミニ不思議な体験をお伝えして行きたいと思っています。
世の中にはこんな事があるんだと知って頂いて、大自然に心を合わせて行く事が仕合せ(幸せ)の近道だと理解して下され幸いす。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。