スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大白蛇

 

    白蛇は霊感・霊視のお仕事に導き 

          多くの要因を占めています。

    白蛇とは切っても切れない程の

        不思議な体験をさせて頂きました。

若い頃に [白蛇伝] 漫画映画も拝見していましたが

       何故か心の中締め付けられ 

[定め] という大きなものには逆らえない
悲しみが深い感じがして    

     やっぱり滝の様に涙が流れたものでした。

             20才の頃に大失恋をした時に 

        心理テスト行い
 太陽・山・木・道・家・蛇を描いて 

 太陽でしたら 山よりも高い位置に書くと明るい

           低いと暗い精神面がでてきます。

家は家庭にどれだけの思いがあるか 

         例えば窓を書く書かない

 煙突・ドア全部意味があるそうですが

           木は異性を何人まで愛せるか 

又現在何人お好きな方がいらしゃるか

   通常お1人かと思いますが

      気が多い方になりますと 数本書くそうです。(笑)

   

道はご自分の将来を知らずうちに予知され書くそうです。

    余りにクネクネされていたり 

         ブチとミチが切れていたら

 お気を付け下さいのお声ぐらいの

            お声掛けは必要かと感じます。

  蛇は自分を表わすそうですが 

その時失恋した方から   

  心理テストをして頂きましたので

失恋した彼からの愛恋心理テストはキツイものでした。

   おそらく私がまだ彼の事が好きなのは

           ご存知だった事と思います。     

木に巻き付いているとか 木の近くに居るとか

 

木に執着している蛇を想像された事と思います。

          私が書きました蛇は

  山の頂上で上に顔を向けて大きな口を開け 
         太陽より上の位置で 

              空に向かい悲しげな蛇でした。

            今思えば 

      潜在意識の中で神を見失い 
          心(魂)の迷子で  

     空に向かい神を探ていたのでしょう。

その後大宇宙からの光のメッセージの掲載しています 

背後霊団 (1) こちらに山の神様のお姿をお観せて下さつた

その1600年代に存在しました行者(龍神)の

     霊力によって霊眼で拝見させて頂きました。

その後に不思議なお写真を観る事になり

  偶然にも息子が幼稚園で夢中で遊んでいる

   所に入り込んだという感じか

         わざわざお姿を観せに来た感じです。

そのお姿は私が観させて頂きましたピジョンと同じ

              お姿でお写りになりました。
   その当時交流がありました

     霊能者の方にお焚き上げを

              お願いしました。

        白い煙状の太さ 

   胴回り40~50CMの鱗がはっきり

何枚にも渡って写っていて.......  ゾッとしました。

   何か理由が解らない形の無いものを追い求める

 

 人生が始まったきっかけだったと思います。

    この後に白妙と大白蛇の

      怖い不思議体験のお話しにまります。

        大白蛇の霊体験

    大宇宙から光のメッセージに掲載してあります。 



神様から1言........ 

本来この世の中に必要は物があるだろうか?

人にとって人間どうしの営みの中で

 どれだけの成長があっただろうか?

   人と人とが言葉を
       
      交わし愛情や商売での取引

     大脳に残る 

        良い思いがあるだろうか?

大脳とは 言葉だけでなく

       人や人間の思いを感じ取るところ

良いものを残さずして

     大脳を開かせる手段が

           我々とて手段に乏しい


     

人と妖の恋愛を語った民間説話。白蛇の化身である女性が中心人物で、人間の男性と恋に落ち夫婦となるが、正体が知られ退治されるという異類婚姻譚が物語の大きな枠組み。しかし翻案された作品には、恋愛の部分に重点が置かれハッピーエンドを迎えるものもある。

この説話を元に書かれた日本の文学作品には、上田秋成『雨月物語』中の『蛇性の淫(じゃせいのいん)』などがある。また、日本初のカラー長編アニメ映画『白蛇伝』は、この説話を題材としている。

なお、この伝説は、古代ギリシアのラミアと関係があるという指摘がなされている。

ストーリー [編集]
白蛇の精・白娘は、幼いころ可愛がってくれた許仙のことが忘れられず、美しい娘に姿を変えて彼の前に現れます。二人を手引きするのは魚の精・少青。白娘と許仙はたちまち恋に落ちてしまいます。しかし、そのことは高僧・法海の知るところとなります。妖怪に魅入られた許仙の命を慮る法海は、法力をもって二人の恋を妨げることを決意するのです。そんなことなど露も知らない許仙と白娘は、美しい花園で夢うつつのひと時を過ごしていました。許仙の仲良しであるパンダとミミーも何だか嬉しくなって、少青と一緒になって木彫りの龍で遊んでいます。ところが、その龍がパンダとミミーと少青もろとも空高く舞い上がってしまいます。さんざん飛び回った挙げ句、落ちたのは宝物殿。少青はそこから大きな宝石を許仙と白娘のために持ち帰りますが、それが皮肉にも二人を引き離すきっかけになりました。宝石は国宝で、盗み出した泥棒として許仙が捕らえられ、遠く蘇州へ流されることになってしまったのです。愛しい許仙の後を追ってきた白娘。しかし先回りした法海が、許仙の命を救うため、法術をもって白娘を倒そうと待ち構えていました…。
スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメント

Secret

プロフィール

白龍呼☆泉

Author:白龍呼☆泉
ようこそおいでくださいました。
鑑定師の白龍呼泉です。 
こちらのプログは、主に今までに数々のミニ不思議な体験をお伝えして行きたいと思っています。
世の中にはこんな事があるんだと知って頂いて、大自然に心を合わせて行く事が仕合せ(幸せ)の近道だと理解して下され幸いす。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。