スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白蛇さんからの☆彡メッセージ(続編3)

だいぶ遅れの更新なのか☆彡交信なのか、大白蛇さんからのお手紙を皆さんに、少し解りにくい処があったらごめんね。

まず最初に主人が、神社でみてしまったお姿ですが、1Mはあっただろうとのことです。

蛇さんは顎の骨が外れるので、大きく観えるけど、そんなに大きくないよとのことでした。

では、交信に入ります。


『長い年月の間に、人は、多く信仰心外れ、私の処にお願い来る参拝者で、人の幸せを祈る者が少なくなったのは、家庭内で、お互いに、よく話し合う時間さえも無くなったことが原因している。

私が、この地を去る時代、神主として、多くの人が、神の仏の声を求めて、この神社に来られたものだが、主に、相談内容は・・・

《人から、貪り取られて、家族が、明日の食事に何を出したら良いの、おっかあがいくら、考えても何も、飯はできねだ、俺は、田や畑を、お代官様から、お借りして耕しても、オラ達の飯として、腹に貯まることが少ない、オラ、男してく( >Д<;)”クッ クルシイ"情けねえだ!!》

という声共に、私に、ピジョンを観せました。  

私は、当時考えました、お祀りしている神と共に、私が、この地を去り、行く年も、行く年も年数が経った暁は、今の時代より、少しは良くなっているのでしょうか?

【今よりは、食や、人の物に対する、欲は、目の前に、物が溢れ、それは、いつでも手に届く時代に入るので、それ無い、目に見えない乾きで、人が乾きに耐え切れず、人自身が、この世に未練が無くなり、自ら去る時代に入る】

私には、意味が深すぎてか、よく解りません。 

何故、物に溢れ、人が食うに困らない時代になったのに、どうして、乾きを覚え、この世を自ら去るとは、どうしてですか?
 

【人という生き者は、何でも追求したがるもので、今、目の前に、自分が当分生きていける物が存在していても、これが、未来永劫にずーと続くはずがないと、心の隅に、いつも不安が離れない、黒い小さい虫を生まれながら宿しているものだからだよ】

その、虫とは、どの様な生き物なんですか?

【人自身が、遠い昔、気が遠くなるぐらいの大昔に、大きな争いがあり、それは、仲違いする前は、それはそれは、仲が良く、お互い個性を尊重し、生活を営んでおったんのじゃ。しかし、その中に、白龍一族と黒龍一族の仲違いを目論む(もくろむ)種族が居たのじゃ、それが、赤龍一族じゃ、これは。元々、島国が繋がっておったときに、一つの部落ごとが、それぞれ、領域を守り、幸せに暮らしておった。ところが、均衡を破る為に、何か大きな働き掛けをする考え方をする気持ちの強い種族で、争いに導くものである。これに、一時期は、黒龍一族は、白龍一族と争いになったが、白龍一族の長老が、1人で、向こうの敵国に出向き、自分の生命と引き換えに、その怒りを鎮めて頂けないかと、交渉に行ったことを、赤龍一族に知られることになったんじゃ、そうじゃ、黒龍一族で、一連の事を、漏らす、輩がおったのじゃ、それで、赤龍一族は、怒り狂い、空から、火の玉を沢山、落として、多くの白・黒龍一族が死に、女・子供を守る為に、男が、その盾になり、身を焦がしても、女・子供を助けた、深い傷があるのじゃ、それは、長い年月が経とうとも、人の表の部分では無く、心の奥の存在する、大きな世界が、1人・1人存在していて、そこで、同じ兄弟達は、輪廻転生の間に一休みする場所があるのじゃが、そこで、まだ風化せずに癒され、傷が癒えぬ、者が大勢居るのじゃ、それが、今現代社会だけでなく、歴史においても、自分の領土を守る、今後も未来永劫守られるかと、いつも、心配の種が沸く、これは、神とて、中々癒し救うことが出来ないのじゃ】 

幽霊・妖しなどの類の魔物を見たり・感じたとき・・・

私はこの手の類では大変悩まされきた人間ですが、簡単な根のない、通り掛りの類のモノであれば、そんなに心配することは無いと思いますので、安心されて過ごされて頂きたいと思います。
    

簡単除霊法を、これで完全ですよとは言えませが、家の中に、魔のモノが侵入されたと感じたときは、部屋を締切にされ、お香を焚かれ、完全に燃えきるまで部屋を締切にするのがコツです。

         炙り出すんです。

おまじないとして、年の分の本数などがありますが、かなり前のお客様にお伝えしたことがありますが、これも、私ほどの年齢になると、火が燃えて大変危険ですので、最高30本ぐらいまでにしといてください。


  大変煙いので・・・

   そのあとは、換気してくださいね。




あと、お塩をお部屋に撒き、ほうきで、掃除機でなく、ほうきで、履いて、外に塩を出す方法があります。

魔の数が少ないとか小さいとか、土地的な酷い状態でなければ、二つの方法で気の流れが良くなります。

    あと、水廻りは、とにかく綺麗にしてください。

水廻りが汚れている、いくらお部屋を綺麗にしたところで、効果は大変薄くなるからです。

重い場合の特徴として、いくら浄化をしてもイタチごっこの様に胸騒ぎが取れない場合があります。


     

この様なお気持ちをコントロールすべき場合と、虫の知らせのときがありますので、自分自身を、要観察して下さいませ。

自分ではどうすことも出来ないない、虫の知らせの場合は、長くそのことに氣を囚われ勝ちのなりやすいですので、そのときは、専門家になるかと、私の経験上感じるのです。

専門家の方の特徴は、余り表に出ることはしません、口伝えで、本当にお困りの方に、本当に心配をしてくれ方のご紹介が多いかと感じます。 


真央「強いライバルがいて成長」の記事を読みました♬

     



17日(現地時間カナダ・オンタリオ州ロンドンのバドワイザー・ガーデンズで2013年世界フィギュアスケート選手権女子シングル2日目のフリーが行われた。写真は優勝した「フィギュア界の女王」キム・ヨナ。左は銀メダルのカロリーナ・コストナー(イタリア)、右は銅メダルの浅田真央(日本)。

 キム・ヨナはフリーの演技で合計148.34点(技術74.73点、演技73.61点)を得点。前日のショートプログラム(SP)との合計が218.31点で4年ぶり2度目の優勝を果たした。




私は今回の世界選手権で、世界フィギュアスケートの女子のレベルの引き上げに起きる前の前兆であって欲しいのと、又、フィギュアスケートを向上を導く天界人が来年の大きなスポーツの祭典に動いている感じがしました。

キムヨナさん  本当に変わりましたね、彼女の中で、ご自分の役割を悟っているかの様に、強い心・精神力を感じました。

 そんな言葉の表現をしたら、熱狂的な浅田真央ファンからヽ(`Д´)ノお怒りがあるかもしれませんが、前回のオリンピックのときの踊りより、228点、点数こそ届きませんでしたが、女子フィギュアスケートの一流選手歴代の選手たちの完成形に近づいているとさえ感じる演技で、魅了するスケートだと感じたからです。

加点が多いと感じる気持ちは(本音ありますが、でもそれを言ってもしょがないし、羽入君は、その中を戦い、力でそれを変えています。 ( ;∀;) カンドーシタ

男子フィギュアスケートは技術は勿論、スポーツとして、パワフルで綺麗に踊り切るという王者としての意識向上、レベル向上まで伸びていますが、女子もレベル向上を計るために何かが動いているのかもしれません。


        
 
女子が男子レベルの技術と女性特有のしなやか・柔らかさで、大技(4回点・3回転半他)を取り入れて、王者になった歴代の、女子フィギュアスケート界で、浅田真央さん・安藤美姫さんレベルの大技で、過去の歴史の中で、王者になった選手が無に等しかったかと思います。

だから、キムヨナさんを、どうしても、もう1つ、トリプル・トリプルを入れて来ないと勝てないと、闘争心に火を付けさせるまで、追い込まないとつまらないんです。 

    フィギュアスケート協会としては
             女子がその様になることは

        有り得ない
             ナンセス
                どうせ無理だろうとか

        そんなくだらいことを
               思考を巡らせている                 
                    感じがしているんです。


男子フィギュアスケート界が、男子が4回転時代を、有力な選手たちの、力で、古い仕来り・考え方を、変革しようと、新たな時代を作ろうとしている。

今迄の女子フィギュアの歴史の中で、最高峰があるとしたなら、その上を歩くことを使命として、それを考えて、日々の練習の中に取り入れ、ピジョンを作り練習をしている方は、現役でできる選手は2人・もしくはロシアの選手か???それは並大抵のことでなく、簡単にできることでないのです。


        

以前キムヨナさんは、トリプルアクセルを断念しました、浅田真央さんは、4回転を飛ぶことを断念しました。

選手にとって、技術向上の限界を感じることの悔しさ・悲しさ・落胆と、では今の自分のすべきことを感じ取り、それを完璧に自分が思い描くピジョンに近づけさせる、精神面・技術面、生活面で充実した日々を送る、毎日の積み重ねを、一流選手は、大きな大会・オリンピックにピークを合わせて、1番の自分を表現させると感じています。

クリスティー・ヤマグチ・ミシェル・クワンという、オリンピック2連覇の選手は居ましたが、来年のオリンピックは、今までに無い、ピジョンも感じています。

普通なら、キムヨナさんが連覇でしょうが、どのぐらいの確立で起きるか、未来は解りませんが、螺旋とは、発展的発想から、徐々に動きだし、左回転で上に上昇して行くものです。

もし、それが出来たのなら、キムヨナさんは、拍手・涙を流して、女子フィギュアスケートの発展に対して、喜ばれると感じました。

極めるということは、自分が愛してきた、スポーツに対して、発展と向上のための螺旋の1部だと感じ取るのでしょうね。
 

    カロリーナ・コストナーさん
            2位おめでとうござます。


     

        キムヨナさんから・・・
                 愛を感じました。

      カロリーナ・コストナーさんもそうですが
            人を愛することを

         知っている方は
                綺麗で強いですね。



   羽入選手初め他の選手の皆さん  
        楽しく・綺麗なスポーツを観せてくれて
            心からありがとうございます。
  
       

羽生、薬服用しても痛み消えず 「とにかく気合だった…」 

    インターネットを見ていたら、このニュースが飛び込んできた。  

     
満身創痍の羽生 意地の好演技で4位に 世界フィギュア2013年3月16日(土)11:51 



 「とにかく気合だった…」。もう体に力は残っていなかった。満身創痍の羽生はフリーの演技を終えると、氷上に倒れ込んだ。

 大会直前に痛めた左膝は薬を服用しても痛みが完全に消えることはなかった。1日に1回の演技が精いっぱいという状態で、直前の6分間練習でもジャンプで2度転倒。このときに右足首も負傷してしまったという。

 しかし、いざ本番を迎えると、冒頭の4回転ジャンプを成功。続く別の種類の4回転は回転不足で着氷時に右手をついたが、転倒をこらえた。169・05点でSPとの合計で244・99まで引き上げた。

 羽生を突き動かしたのは、日本代表の責任感だった。五輪代表枠を前回のバンクーバー五輪と同じ最多の「3」を獲得するには、上位2選手の順位合計で「13」以内が条件。全日本王者の羽生にかかる期待は大きかった。「こんな状態で挑んではいけないと、すごく申し訳ない気持ちだったけど、最後までやりきろうと思った」

 左膝負傷前にインフルエンザも患い、直前に20日間も休み、練習不足を痛感させられた。ただ、「1年間やってきたことは、1カ月くらいではなくならないなと思った」。カナダ・トロントに拠点を移しての鍛錬の日々が自らの窮地を救った。(田中充)
        

         
      
       すみませんm(_ _)m勝手に抜粋させて頂きました。

彼の外見から想像が付かない程の日本男子、ショートのとき、顔色が悪く、何処まで、氣力で頑張れるか、自分との勝負という感じショートと記者会見を観ていました。

20歳を満たない若い青年で  我が子と変わらない年代。。。Σ(゚д゚lll) 

ゲランプリファィナルで、初めて、シニアの戦いに、先輩の選手と同じ心で挑み、代表決めが直ぐに行われ、年明けに、4大陸と続きました。

王者のチャン選手でさえ、やっとこ3位に、見た感じは、4位ではと感じさせる演技でしたが、披露今倍で、4大陸を、カナダで、世界選手権が行われるので、金メダルしか許されない王者の責務を果たすために、4大陸を休み、万全な状態で今回の試合に臨んたことは誰でも解ることです。

高橋選手は  戦い慣れしている、そんな先輩選手とは全然違い、1つ1つの試合に対して、日本のエースで挑んできた、1選手として、孤独の中の戦いの中これだけの成績を残すとは、伸び盛りのジュニア・現役の先輩選手たちに本氣で戦わないと世界では勝てない、それは、声掛けでなく、彼の試合に対する姿勢だけで、日本の男子選手たちの心に火が付く、今後の男子だけでなく、女子の飛躍をきたいさせられる、日本選手の心に彼の姿勢は、フィギュアスケートに対しての情熱という種が埋め込まれました。 

又それを観ている日本人にもです。

4大陸出場のとき、私は日本連盟は、羽生結弦(ゆづる)選手を潰したいのかと思うほど過酷な試合予定だと、今年の世界選手権は、出場枠が掛かる大切な試合で、今年初めて、日本のエースで挑んだ重圧の掛かる試合に、高橋選手を、まだ、日本のエースと拘る浅はか、大人の古い考えがある中、自分の仕事・役割をちゃんと日本のファンの皆さんに応える、自分の試練として受け入れる、その姿は、日本連盟の大人たちは考えを改めて欲しいと感じてならない。
 

来年は、オリンピックですね、これから小塚選手も出てきますが、心から応援しています。

真の日本のエース羽生結弦(ゆづる)選手に心からありがとうございます。

そして、ゆっくり休んでください。

キム・ヨナにだけ厳しいジャッジ? =世界フィギュア

突然このニュースが、朝インターネットを見ていると、目に飛び込んできました。

以前から、キムヨナさんのエッチが可笑しいなと思っていました。

カロリーコスタナー選手の尻餅で、あれだけ点が良いのは不思議だと、キムヨナさんの点数が異常に高いと動き出したころから、そのういう方々のおまけ店が、全部キムヨナさんに移行した感じでした。

それと、浅田真央さんのトリプルアクセルは、やっぱり両足着氷なのに、加点が付いていると記事に載せてありました。

228点の点数は本当に異常でしたが、そのオリンピックシーズンの点数評価に戻ったのかなという印象でした。

この点数の付け方なら、228点という怪物(黒蛇という妖怪)が飛び出してきてしまいますね、これは、フィギュアスケートの人気を韓国以外で落としてしまう、客離れしてしまうので、元のあれぐらいが限度の、点数評価に戻しつつあるのでしょうね。


   

それを先に始めたのが男子選手の方で、4回転を、最低2本以上、それでいて、演技も完璧にして、王者にたつことができる、力で戻しつつあるので、オリンピックは、男子の試合は、見応えがあると、今からワクワクですね。

女子の方も、キムヨナさんがお休みしていた間に、世界からの批判・各国ごとで、客離れがあり、韓国のロービー交渉に動かされなくなったのでしょうか、世界の視点が集まっているのか、そういえば、WBCで、韓国が、予選で敗退しました。

世の変わり目・移り変わり目に入ろうとしているのかと・・・

過去の赤の勢いから言って、有り得ないことだと、我が家のスポーツ評論家は、鼻息荒く言っておりました。

大好きなフィギュアスケートが、基本に戻る、元の常識あるショーに戻す働きなのかと、そうしないと、面白くありません。

キムヨナさんも、今回の顔を見ている限りだと、前ほど、国上げて、オリンピック協会に、圧力を掛けている様に感じなかったので、顔が、オーサーコーチになる前の顔の、自信満々の顔が消え、踊りが、その当時の綺麗な踊りに戻ったのを感じたからです。


       

あのキムヨナさんなら嫌いではないかも、純粋に魅せて戦って欲しいと、フィギュアスケートファンは思うばかりです。

以前は、減点対象の演技を、彼女(キムヨナ選手)だけ取らなかっただけで、安藤選手・浅田選手・コスナー選手たち有力な選手たちが、急に厳しくされて、表彰台に今迄上がっていた選手たちの演技にケチを付けて、表彰台から遠のけ、やる気のパワーの芽を摘んできたのを、公平にし戻そうとしているだけにすぎないと感じるんですよね。

例えば、僅差でも、金メダルを頂いた方が、キムヨナさんだって、本音では、世界に行く時だって、世界的に英雄として、あれだけの有力な選手の中で勝つことの精神力の強さを本当の意味で語れる、年齢を重ねたときに、偽物であれば、誰も見向きもしてもらえない、その精神的な辛さはないと思いますし、例え、勝てなくても、その経験は宝ですので、是非お話を伺いたと、人は思うものです。

また、優勝争いが、実力的に出来る、5本の指に入る実力者なのだから、前回の様なことを細工しなくとも、優勝候補なのだから、世界のフィギュアスケートファンから、本来なら、エールを贈られる選手なのだから、前回のオリンピック金メダルは、祝福できないので、残念でならないのです。

純粋なフィギュアスケートファンなら誰でもそう思うかと感じています。


      

私の願望は、安藤選手が戻り易くなったので、浅田真央さんとの、男子並とまで言いませんが、技と表現力で競うオリンピックになって欲しいと強い思いっています。

そこに、キムヨナさんが、トリプル・トリプルを2回入れて初めて、良い勝負かと、昨日、コストナー選手が、尻餅を付いて確かに減点ですが、キムヨナさんより、今回は、オーラーの輝きが凄かったですね。

ショートの演技だと、尻餅は別として、エネルギーだけで観ると、コストなー選手が、会場で1番に映るのでしょうね。

彼女は、お休みの期間に、たくさんの愛を頂いて、人間的に、焦りや悔しさ、悲しさを、リンクで踊れる喜びや嬉しさ、楽しさに替えて、リンクに戻ったんですね。

一回りもふた周りも、オーラーが厚くなって、白く輝いて見えました。

また、そこに、倖せなピンク色まで付けて、お幸せにという感じですね。

愛は、人を輝かせますし、光輝き、綺麗な女性に変えます。

私もまだまだ綺麗でいたいと思いました。(笑)


       

確かに、尻餅を付いて、あの点数は、ちょと高めかもしれませんが、キムヨナさんの関係で、どうしても、以前の228点の関係で、以外に良い傾向かと、風が吹き出している様ですね。

風とは、人を表し、神々を動かします。

それは、物や欲などなく、純粋な綺麗な、まっすぐな心なんですね。


プロフィール

白龍呼☆泉

Author:白龍呼☆泉
ようこそおいでくださいました。
鑑定師の白龍呼泉です。 
こちらのプログは、主に今までに数々のミニ不思議な体験をお伝えして行きたいと思っています。
世の中にはこんな事があるんだと知って頂いて、大自然に心を合わせて行く事が仕合せ(幸せ)の近道だと理解して下され幸いす。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。